スポンサーリンク

ドイツ銀行の株価がエグすぎる..そして私の日本株たちも同じく!!

はーい、どうもおおおおおおおおおおおおおおお!!

本日、日経平均が下落しまくったことにより、ついに我が日本株のポートフォリオが含み損に突入してしまった...。

ただ、一つだけ光明があって、保有している日本トリムが、かなり素晴らしい決算を発表した。

しかも上方修正...これは明日はさすがに上げるだろう。

整水器の直販事業が原価率の低下により大幅に伸びており、海外事業もよし、さらには赤字だった医療事業がついに黒字転換と最高の決算内容だ。

すでに30倍超と十分高PERな株だが、自社株買いも積極的に行っている株主還元意欲の強い企業なので、買いが入ればかなり上可能性はあると思う。

時価総額が435億円の小型株なので、大口の買いが入れば、大きく値上がりするかもしれないからね。

ほかにも、下落しまくっている保有株だが、すでにまあまあな決算+大幅な増配を発表したアサヒHD(飲料のほうではなく、金属リサイクルの会社)を筆頭に、決算は悪くないし、今から発表していく企業も多分いい決算を発表すると考えている。

アサヒHDは、配当性向をこれまでの30%以上から50%以上に引き上げることを発表したので、配当利回りが大きく上昇することになる。単純計算で6%以上の利回りまで跳ね上がるからね。

それに、リスクオフで金価格が大きく上昇するかもしれないので、そうなったときは、貴金属のリサイクル事業を展開する同社の株価が上がるかもしれないなと思っている。

低PERで高配当、それに一応はカタリストらしきものも持っているので、これもそんなに悪い銘柄ではないと思うけどね。

まあ、こんな感じで決算書を見て、株価が下落した悲しみを癒している次第だ。

※絶対損するから、おいらのマネしちゃダメだよ!!

😿   😿   😿

ところで、本日の朝起きたらNYダウが600ドル超下落していたが、同じ下落幅が10日続くと、なんと6,000ドルもNYダウが下がることになる。

ただ、それでもヒラリーとトランプが争っていたころの株価である18,000ドル程度だと考えると、やはり今の株価水準は期待値先行で上がりすぎているのかもしれないね。

それにしても、やはり人の予測というものは全くアテには出来ない。

あの頃、結構多くの著名人たちが、「パーティは終わりだ」とか、「もうNYダウは限界だ」とか言っていたことを考えると、アナリストや著名投資家であっても、その予測はあんまりアテにはならないなと思う。

だって、下げまくっているとはいえ、今やNYダウは2万ドル超が普通だからね。

ブルームバーグやロイター、または他の経済紙のデジタル版でも、9月ころの記事を見るとかなりポジティブな記事に満ち溢れているが、先週からの記事内容はネガティブな内容のものばかりだ。

こういう時期に、「NYダウは3万ドルを目指す」、みたいな空気を読まない記事を書くライターがいれば面白いのだが、みんなきちんと空気を読んだ記事を書いている。

なんだよ...外国メディアも空気は読むのかよ笑。

まあ、それはいいか...。

ところで、問題はドイツ銀行の株価だ。

最近ではあんまりドイツ銀行がヤバいという噂は聞かなくなったが、決算内容は普通に悪化し続けており、株価は10ドル近辺と、過去10年の最安値くらいまで下落している。

決算の内容は、純利益は前年より倍増しているが、トレーディング収入が30%以上落ち込んでいるそうだ(ブルームバーグ情報)。

純利益が増えたのは、経費削減などの効果のようだが、そんなものはいつまでも期待できないだろう。

ドイツ銀行はもはや投資銀行と行っていい事業形態なので、トレーディングの収入が減少し続けると絶対的に経営が苦しくなっていくように思う。

新CEOは、原点である商業銀行の業務を強化していく、というようなことを述べていたと記憶しているが、今から融資事業などの銀行本来の業務を強化していくことなど出来るのだろうか?

復活するには、恐らくドイツ2位の銀行であるコメルツ銀行と合併するか、トレーディング環境の改善が長期間続くことにより収益が急改善するか、その二つのパターンしかないように思う。

😿  😿  😿

うーん、それにしても、ドイツ銀行が破綻した場合、一体どういう事態になるのかがちょっと想像がつかない。

ドイツ銀行は2016年の時点では、マジで天文学的なデリバティブを抱えていたため、破綻するととんでもないことになると言われていた。

現在、ドイツ銀行が抱えている総エクスポージャーは、昨年時点で役48兆ドルという、もはや理解不能なくらいの数字だ。

エクスポージャーとは、リスクに晒されている資産のことで、そのうちのどれくらいがデリバティブなのかは不明だ。

多分、本当にヤバくなったらドイツ政府がコメルツ銀行との合併を後押しして進めるのだろうが、破綻するリスクもゼロではないだろうから、一応はたまに見ておいたほうがいい株価下落のファクターなんだろうね。

なんせ、ドイツ政府が1週間分くらいの食料を備蓄せよ、と2016年に全国民へ向けてアナウンスしたのは、ドイツ銀行の破綻問題が絡んでいるのでは?とまで言われていたくらいだから。

いや、怖すぎるやろ笑。

そんな問題が少しでも表面化したら、日本の銀行株も爆下げするんだろうが、少し銀行のことを調べて思ったのが、やはりMUFGはかなり素晴らしい企業だな。

事業ポートフォリオが世界中に分散されているし、財務内容は健全、そして業務効率化も進んでいて、海外を攻めまくっている。

終わっていると言われている日本企業とはいえ、さすがは天下の三菱だ。

まあ、今夜NYダウが下げれば、株価は下げるんだろうけどね笑。

今、NYダウを見ているんだが、あれだけ凄い決算を発表したマイクロソフトの株価が、まだ4%程度しか上げていないのが何となく気にかかるね。

これ、明日起きて「おはぎゃああああああ!!」だったら、ものすごいことになりそうなんだが...。

株で夢をかなえよう

※日々、IBMの株価に衝撃を受けているかぶまくら先生を応援したい方は下記のボタンを猛プッシュしてくれ!!また、明日の朝起きるのが怖い方も猛プッシュを頼む!!それ以外の方は、押さなくてもいい。

にほんブログ村

サラリーマン投資家ランキング

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする