スポンサーリンク

投資など全くする必要のない驚異的すぎる超人が教えてくれた真実

ーいったい何なんだ、こいつはー

その動画を見た瞬間、あまりの衝撃に目を疑ってしまった。

その男は、生のオタマジャクシを口に放り込み、「最悪な味だ。だけど、貴重な蛋白源だからね」、と爽やかに言って、そのまま飲み込んでしまった。

ありえなさすぎる...。

これ、もしもガチンコでやっていたら、マジで衝撃的すぎるだろ。

そう思わずにはいられないほど、衝撃的な映像、いや、衝撃的な男がPCの画面に映し出されている。

「焼いても不味いね」

そう言って、その男は焚き木で焼いたオタマジャクシを再び口に放り込んだ。

ディスカバリーチャンネルの秘境生活。

その男が出演しているユーチューブのチャンネルだ。

🐸  🐸  🐸

エド・スタッフフォード。

それが、ディスカバリーチャンネルの秘境生活というシリーズに出演している超人の名前だ。

秘境生活とは、文明から遮断された地域のジャングルや孤島などで、何も持たずにガチンコのサバイバルだけで10日間を過ごすという映像シリーズのことだ。

おいらが最初に見たのは、パタゴニア地域の秘境にエドがヘリコプターで運ばれて、10間のサバイバル生活をするという回だ。

エドは現地につくなり、いきなり三つ葉のクローバーを摘み取って食い始め、「サラダだ」、と言ってほかの野草も食いまくり始める。

そして、まとわりついてくるアブ(ハエのでかいバージョン)を手でつぶし、それも食べてしまう。

「蜂蜜みたいな味がするよ」

アブを食ったあと、彼は笑いながらそういった。

...。

イカれすぎでしょ...。クローバー土から引っこ抜いてそのまま食うとか頭おかしすぎるでしょ。それにアブ食うて...。もはや、おいらレベルの小僧では理解できないほどの映像なのである。

ちなみに、このエド・スタッフフォード氏だが、映像を見ればわかると思うが、映画俳優のジェイソン・ステイサムをさらにワイルドにしたような風貌をしている。

なんかね、ワイルドとか超越してしまっているんだよ、彼は。

パタゴニアの回で、彼は最初に魚を獲って食料にしようとするのだが、素手で獲ろうとしたため、捕獲することが出来なかった。

そのため、苦肉の策でオタマジャクシを獲って食べるのだが、このシーンがエグすぎる。

手で取ったオタマジャクシをダイレクトで食ってんだよ?

できます??そんなこと??

おいら、昔田んぼでオタマジャクシを獲ったことは何度かあるが、あの生き物ってよく見るとけっこうグロテスクなんだよ。

ヌルヌルしているしね。

しかし、エドはマジでそれを一口で食っていた。本物の漢だな、と思ったよ。だけど、絶対に寄生虫とかいるはずなんだけど...。昔実家で飼っていた猫が、カエルを食ったせいで病院送りになっていたからね。

🐸  🐸  🐸

おいら、この映像を見て、絶対にヤラセだろ!?と思っていたのだが、エドが元軍人で、アマゾン全長を踏破した最初の人間である(記録されている限り)と知ったことで、案外マジなのかもと思うようになった。

絶対近くに医療班や、ライフルを構えた警護班とかかがスタンバイしているんだよね?

そう思っていたのだが、もしかしたら、エドならマジでガチンコでこれをやっているのかもしれないと思うようになってしまったのだ。

エドは基本的に上半身は裸で行動しているのだが、直射日光のきつい自然環境で肌を太陽にさらし続けて活動していること自体が信じられない。

ふつうなら、肌に火傷を負ってしまうのだが、エドは平気だ。肌に泥を塗って日焼け止めにするという荒業を持っているからね。

それに、木の棒だけで火をおこしたり、草木を使った罠を自作して魚を獲ったりと、エドはなんでも自分でやってのける。

釣り糸とか、釣り針まで自作しているんだが、絶対にあんなの無理だよ笑。

まあ、でもエドならやってしまうんだろうな。

エドの活躍を見ているうちに、投資で小銭を稼ごうとしている自分が、なんだかとってもちっぽけに思えてきた。

「金なんかなくても、十分やっていけるぞ」

上半身裸で地面に寝っ転がるエドを見ていると、そう説教されているような気がしてきた。

だけど、そんなエドだって、頭に人類の科学技術の結晶であるGoProを装着しているんだよ。

...。

まあ、エドはイギリス人の冒険家らしいので、実際はVODやBTIを保有していて、配当金でサバイバル用品を買っている可能性もあるが、恐らく普通の人の1万倍くらいは野生の本能が体に宿っている人間なんだろう。

🐸  🐸  🐸

ずいぶん昔に、おいらは友人と一緒に、とある大きな島を自転車で一周するという旅をしたことがある。

その時の持ち物は、釣り竿に仕掛け、それから3千円ほどの現金だけだったので、2日目くらいに所持金が少なくなり、魚を釣って食うしかなくなったことがある。

帰りの船賃も考えると、釣りのエサも買えなくなっていたので、貝を割ってエサにして魚を釣った記憶がある。

そのときは本当に腹が減っていたので、友人が必死で石を使ってテトラポットにひっついていた巻貝を割っていた。

「かぶちゃん、釣れるかな」

破壊した巻貝の中身を渡してくれたその友人の目には、明らかに野生が宿っていた。

その貝で釣ったベラのような魚を、友人と一緒に貪るようにして食ったときの記憶は今でも残っている。

「うまい、うまいね、かぶちゃん!!」

「うん、おいしいね!!」

友人の目は充血し、まるで肉食獣が草食動物を食らうときのような迫力に満ちていた。

釣りたての魚って、焼いて食うと結構身が甘い味がするんだよ。

だから味しかったのだが、あの魚を獲るためにかかったお金は0円だ。

...。

そう、所持金が0円だって、本気になれば食料を調達して食うことはできるんだよ。

だから、きっとエドは投資なんかしなくても生きていけるはずだ。

おいらだって、そう。

本気になれば魚を釣って食っていれば生きていける。

投資なんてほどほどでいい、いざとなれば、何もなくても生きていける。俺を見ろ、この腰抜けどもが!!

エドに、そう説教された気分になってしまった。

株価の下落で心を痛めている方は、是非エドの映像を見るようにしてほしい。きっと、そんな自分がアホらしくなるに違いないから。

株で夢をかなえよう

※エドまじで凄いと思った方は、下記のボタンを猛プッシュしてくれ!!また、最近の英国株が安すぎだと思う方も猛プッシュを頼む!!それ以外の方は押さなくてもいい。

にほんブログ村

サラリーマン投資家ランキング

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする