スポンサーリンク

瞳は命★目に投資しましょう!

人類が酷使する部位

こんばんわ!

どうも、1日中SPA!を読んで寝っ転がり、スマホいじっているかぶまくらです!!

もうどうしようもないくらい堕落している...。

スマホの画面を開くと、「もう、合コンで悩まなくていいよ」と垂れ幕のような広告がいつも表示されているが合コンに呼ばれてさえいない。このままでは孤独死してしまうレベルだ。

さて、みなさんは土日どのように過ごされたでしょうか?バーベキューに行った方も外にお出かけされた方もいらっしゃると思います。

そんな皆さんも、家に引きこもってPCとスマホ三昧のおいらも、そして恐らく現代社会に生きる全ての人が酷使している部位があります。

それは目です。

バーベキューをしている時でも、外に買い物に行っているときでも、家で寝っ転がっている時でもスマホを見ないという方は恐らくかなりの少数派ではないでしょうか。

おいらはというと、朝は電車でスマホ、会社ではPC、そして家に帰ってからはスマホで株価をチェックするという日々を送っているせいでかなり目を酷使しております。

程度の違いさえあれ、ホワイトカラーの労働者は漏れなくPCやスマホで目を酷使せざるを得ない環境で働いているからです。

スマホやPCの画面から発せられるブルーライトは目に様々な悪影響を及ぼします。眼精疲労や自律神経の不調、ひどいときにはうつ病も発症してしまうそうです。恐ろしすぎる。

そもそも光というのはある種の覚せい作用がある。lunatic(狂気を意味する)という言葉があるが、あれは電灯などが無かった昔、夜間に人を照らすのが月の光だけだった頃に作られた言葉です。

月の光を見続けると狂気を発症したり、精神に異常をきたしてしまうと信じられていたのだ。

実際、光に覚せい作用はあります。脳は強い光を感じると興奮するように出来ているのです。

現代を生きるおいらたちの目は、昔の人たちからすると考えられないほどのストレスにさらされています。毎日スマホを見てダメージを蓄積していった結果、若年性の緑内障の患者数が増えているそうだ。

緑内障というのは、普通であれば50代くらいから発症する目の病気で、失明の可能性もある恐ろしい病気だ。そんな病気に若い世代が疾患していることからも、いかに現代人が目にストレスをかけているのかがわかる。

だから、出来る限り目にかかるストレスを和らげてあげないといけない。では、どうすればいいのか?おいらが実践している方法を紹介いたします。

実践している視力回復方法

①ブルーベリーのサプリを飲む

ブルーベリーにはアントシアニンという成分が含まれています。ブルーベリーの皮は深い青紫色ですが、あの色素がアントシアニンなのです。アントシアニンには抗酸化作用や抗炎症作用があるといわれ、特に視力の回復に著しく効果を発揮すると言われています。

ブルーベリーに視力回復の効果があることは、昔イギリスの飛行機の操縦士がブルーベリージャムを食べたら目がよくなったと感じられるようになった、と実感したことで発見されました。

その後の研究で、アントシアニンにはロトプシンという物質を再結合する作用があることがわかってきました。ロトプシンというのは、目で見たものを脳に「見える」と伝えるための物質です。

さて、ややこしい話は抜きにしてブルーベリーは飲んでいると確かに視界がくっきりとする実感があります。これはおいらだけではなくて、友人や家族に効いても同じ感想です。サプリなので劇的に視力が回復する、というものではありませんが効果はあると思います。

宣伝するわけではありませんが(宣伝ですが)、おいらが愛用しているのが小林製薬のブルーベリーサプリです。このサプリはブルーベリーのほかにもメグスリノ木等目にいい成分が凝縮されています。

飲んでみると確かに実感はありましたので、目を酷使している方はお試しください!

②ブルーライトをカットする眼鏡をかける

これはすでにやっている方も多いのではないでしょうか。おいらも日中会社でPCを見るときはいつもブルーライトをカットするレンズの入った眼鏡をかけております。確かに、かけていないと比べると目の疲れが緩和されます。

③目の筋肉を鍛える

これは意外に知られていませんが、目の周りにもピントを調節するための筋肉があり、その筋肉を鍛えることで視力を回復させることが出来ます。ただし、おいらの経験上やりすぎると逆効果になってしまうので、すくない回数から少しづつやることをおすすめします。

こういった本にエクササイズのやり方がのっているので、それにそって正しい方法でトレーニングを行いましょう。

視力を守る会社

さて、いかがだったでしょうか。

おいらが実践している方法はどれもそこまでお金がかかる方法ではないので、誰でも実践出来ると思います。

視力の低下はクオリティライフに大きく影響をおよぼしてしまいます。コツコツとケアを行って大切に目を使っていきましょう。

最後に、株ブログらしく視力に関連した銘柄をご紹介いたします笑

◇参天製薬

おいらが以前保有していてめでたく利確させていただいた銘柄です。国内眼科向けの医薬品シェアトップの会社で、そのほかにもサンテなど一般用の目薬も有名です。米国企業であるメルクから眼科用医薬品事業を2013年に買い取り、海外展開を進めており、今後も有望な企業だと思っています。

現在の株価は1900円程度で、PERは24倍程度、PBRは2.4倍程度で配当利回りは1.3%程度なので別に割安ではありません。

しかし、眼科領域に特化していてその分野で世界のTOP3入りを目指している企業で業績も右肩上がりなので調整する局面がくれば是非また買いたいと思っている。

調整する局面は、医療費制度の改革などがクローズアップされるときだと思っている。おいらが前回買ったのは、トランプと大統領選を争ったクリントンさんが医療制度や製薬会社をバッシングしていたときだった。

制度改革が行われたとしても、医薬品を多くの人が必要としていることに変わりはないので、案外製薬会社は大丈夫なんじゃいかなと思っております。

みなさんも瞳は大切にしてください!

株で夢をかなえよう

1日1クリックいただけると頑張れます!

にほんブログ村

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする