スポンサーリンク

楽天カードを使って楽天スーパーポイントをコツコツ貯めると定期預金よりも効果的にお金が増える

楽天カードを使って楽天スーパーポイントをコツコツ貯めると定期預金よりも効果的にお金が増える

楽天カードを使うと、100円につき1ポイントの楽天スーパーポイントが貰えるのだが、これは実際かなりの経済的効果があると言っていい。

というのも、現在の定期預金の利率が0.001%程度なのに対して、楽天スーパーポイントは買い物をすると1%のペースで貯まっていくからだ。

もちろん、楽天カードを使って楽天スーパーポイントを貯めるのは消費行動で、定期預金でお金を貯めるのは貯蓄なので、全く別の行動であるわけなのだが、「お金」に関する行動という点では同じだ。

楽天カードを楽天市場で使用する場合、楽天スーパーポイントが100につき3ポイント貯まっていくため、これは非常に効率的な節約行動だと言っていい。

楽天スーパーポイントが3ポイント貯まるということは、楽天市場で3ポイント分の買い物が出来るということなので、このメリットは消費者たちにとって非常に大きいと言っていいだろう。

これは非常に細かいことに聞こえるかもしれないが、主婦たちがスーパーのちらしを見て、より安い場所を探して移動したりすることを考えれば、そこまで労力のかかる行動ではないし、スーパーで物を買うよりも楽天市場で買い物をした方が「時間」という資産をより節約することが可能だ。

そのため、楽天カードを使って楽天スーパーポイントを貯めるという消費行動は、経済的合理性を極めてハイレベルに満たしていると言っていいだろう。

楽天カードユーザーの場合、楽天市場で楽天スーパーポイントを常に効率的に貯めることが出来るため、コツコツと定期預金をして現金で消費をしている人よりも効率的に「お金」を貯めることが出来るケースもあるのが事実なのだ。

これは、「現金」という媒体にしがみついている人には理解されないかもしれないが、実際に計算機を使って単純な計算をすれば明確に数字となって現れる事実でもある。

楽天市場で楽天スーパーポイントを使うメリット

ところで、定期預金の利率と楽天スーパーポイントの付与率を比べるのはおかしい、と思う人も多いかもしれないが、それは考え方の問題であって、一定の額以上の資金を定期預金で運用している場合以外は、この話が当てはまるケースも多いのが事実なのだ。

というのも、楽天スーパーポイントは楽天市場と言う、ここ日本で最も巨大なECマーケットの一つで使えるため、楽天スーパーポイントで買えないものを探す方が難しいからだ。

楽天市場はご存じの通り、無数の出店者たちが出店をすることによって成り立っているECマーケットで個性豊かな店舗が大量に並んでいるのが最大の特徴だ。

そんな楽天市場で使える楽天スーパーポイントを得られるとうことは、楽天市場で物を買える権利を手に入れているということになる。

なので、定期預金の利息で貯めたお金を楽天市場で使おうが、楽天スーパイントを使おうが、そこで売っているものを買うのであれば、経済的に果たす役割は同等と言える。

「お金」とは、紙や硬貨などの媒体のことを指すのではなく、何かを手に入れるための手段のことを指す。

例えば、例えあなたが1万円をもっていたとして、ビットコインしか使えないお店に入ったなら、あなたはそのお札を使うことが出来ないのだ。

そういった意味で考えると、楽天スーパーポイントは楽天市場というデジタル空間においてはお金と同等の役割を果たしているのだ。

こういった考えを柔軟に自分の中に取り込むのか、それとも頑なに現金という媒体にしがみつくのか、そういったところでその人の節約力が決まってくる。

そして、柔軟にこのような考えを受け入れた人は、より効率的に楽天カードや楽天スーパーポイント、それから楽天市場などを利用して自分自身の節約力を高めることに成功し、その結果手元のお金を増やすことに成功するのだ。

コツコツと楽天スーパーポイントを貯めることが重要

さて、ここまで楽天カードを楽天市場で使って楽天スーパーポイントを貯めるメリットについて書いてきたわけだが、最後に重要な点をお話しておこう。

まず、楽天スーパーポイントが貯まるからと言って、無計画に楽天カードを使いまくることは避けなければならない。

なぜなら、適切なものを適切な価格で買ってこそ初めて楽天スーパーポイントを貯めるメリットが生まれるからだ。

いくら楽天スーパーポイントが節約力の高いポイントだからといっても、無意味に楽天カードで浪費をしていたのでは全く意味がなくなってしまう。

そして、こういった楽天カードを楽天市場で使って楽天スーパーポイントを3倍貯めるという消費行動をコツコツと続けることが大切だ。

というのも、途中でなぜか現金決済をしまくったりした場合、効果が薄れてしまうからだ。

なので、買えるものは楽天カードを使って楽天市場で買う、という消費行動をコツコツと続けていくことが大切なのだ。

そうすることで、節約力が高まり、最終的に手元のお金が増やせる可能性があるからね。

楽天カードを作って楽天カード会員専用HPを利用しよう

さて、こういったメリットが満載で、利用すればするほど節約力が向上していくのが、現在ここ日本において最も多く発行されているクレジットカードと言っても過言ではない楽天カードだ。

楽天カードは、今のところ最も節約生活と相性がいいクレジットカードだと言っていいだろう。

とういうのも、前述したように楽天スーパーポイントによる節約メリットも大きく、さらには楽天カードユーザーであれば、楽天カード会員専用HPで提供されている各種キャンペーンを利用することができ、そのメリットも非常に大きいと言ってもいいだろう。

また、最近では楽天スーパーポイントと提携している店舗も増えてきているので、楽天市場を利用していなくても楽天スーパーポイントがたまっていく場合も多い。

楽天カードは年会費・入会費が無料で、現在は新規入会&利用で楽天スーパーポイントが5000ポイントも付与されるキャンペーンを実施している。

なので、楽天カードに興味のある方は、検討してみた上でこの機会に作ってみるのも悪くはないだろう。

・楽天カードの経済的メリットを説明した記事

株で夢をかなえよう

※楽天ユーザーは下記のボタンを猛プッシュして欲しい!!また、楽天スーパーポイント好きも猛プッシュを頼む!!それ以外の方は、押さなくてもいい。

にほんブログ村

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ