スポンサーリンク

【楽天証券】楽天カードで貯めた楽天スーパーポイントで投資信託が買える

楽天カードで貯めた楽天スーパーポイントで投資信託が買える

楽天カードユーザーは日々の買い物などにおいて積極的に楽天カードを使い、楽天スーパーポイントというここ日本でトップレベルの節約力を持つポイントを貯め続けているケースが非常に多い。

というのも、楽天カードを楽天市場で使用することにより3倍の速さで貯まっていく楽天スーパーポイントについては、楽天市場で利用できるという点において非常にメリットが大きいからだ。

楽天市場ではありとあらゆる商品を買うことが出来るため、楽天スーパーポイントを使って自分自身にとって本当に必要な商品を買うという行動を繰り返していれば、結果的に現金を節約することが出来る。

そのため、楽天カードを使って楽天スーパーポイントを貯めるという消費行動は非常に節約メリットが大きいのだ。

さらには、楽天スーパーポイントはいまや一大経済圏を築いている楽天帝国の共通ポイントなので、その点でも非常に魅力的なポイントだと言っていいだろう。

楽天トラベルや楽天モバイルなど、その使用用途はどんどん広がりを見せているのだが、あまり知られていないが実は楽天証券でも楽天スーパーポイントを使用して投資信託を買うことが可能になっている。

これはちょっと信じられないかもしれないが、ついに楽天スーパーポイントは投資信託まで変えるあり得ないポイントになっていたのだ。

楽天証券で楽天スーパーポイントを活用するメリット

さて、楽天証券では楽天スーパーポイントコースを選択することで、楽天スーパーポイントを使って投資信託を購入することが可能だ。

注意点としては、期間限定のポイントは使用できないので、通常の買い物などで貯めた楽天スーパーポイントを使うことになる。

楽天証券では様々な投資信託を扱っており、中でもバンガード社と提携して開発した米国株式市場に投資が出来る投資信託や、個人投資家に大人気のひふみプラスなども扱っている。

こういった投資信託に楽天スーパーポイントを使ってコツコツと投資をすることで、買い物で貯めた楽天スーパーポイントを価値ある資産として複利で増やすことが出来るのだ。

この点については、やはり楽天という超巨大企業が発行しているポイントであるから可能になっているのだろう。

楽天スーパーポイントは、もはや通常の商品やサービスだけではなく、ついに金融商品まで変えるあり得ないポイントサービスになってしまったのだ。

楽天カードを作って楽天カード会員専用HPを利用しよう

さて、こういった感じで、ついに楽天証券で投資信託まで買えるようになった楽天スーパーポイントをより効率的に貯めることが出来るのが、現在最も多く発行されているクレジットカードと言っても過言ではない楽天カードだ。

楽天カードは、今のところ最も節約生活と相性がいいクレジットカードだと言っていいだろう。

とういうのも、前述したように楽天スーパーポイントによる節約メリットも大きく、さらには楽天カードユーザーであれば、楽天カード会員専用HPで提供されている各種キャンペーンを利用することができ、そのメリットも非常に大きいと言ってもいいだろう。

また、最近では楽天スーパーポイントと提携している店舗も増えてきているので、楽天市場を利用していなくても楽天スーパーポイントがたまっていく場合も多い。

楽天カードは年会費・入会費が無料で、現在は新規入会&利用で楽天スーパーポイントが5000ポイントも付与されるキャンペーンを実施している。

なので、楽天カードに興味のある方は、検討してみた上でこの機会に作ってみるのも悪くはないだろう。

・楽天カードの経済的メリットを説明した記事

株で夢をかなえよう

※楽天ユーザーは下記のボタンを猛プッシュして欲しい!!また、楽天スーパーポイント好きも猛プッシュを頼む!!それ以外の方は、押さなくてもいい。

にほんブログ村

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ