スポンサーリンク

楽天カードと楽天スーパーポイントのコンビとTポイントに差がついてしまった理由

楽天カードと楽天スーパーポイントのコンビとTポイントに差がついてしまった理由

Tポイントと言えば、以前までであればポイントサービスの王とも言うべき存在で、多くの人々に愛されていた、まさにキング・オブ・ポイントだったため、多くの人々がTポイントを貯め続けていた。

というのも、Tポイントを運営している会社はレンタルDVDのTSUTAYAを運営している会社だったので、圧倒的にレンタルDVD市場を支配していたTSUTAYAの力を借りてTポイントはもはや一人勝ち状態だったのだ。

しかし、時の流れとともに、やはりポイントサービスが色々と立ち上がってきてTポイントの牙城を崩そうとしたのだが、その中で実質的にその立場を脅かし、そして奪い取ろうとしているのが楽天スーパーポイントだ。

楽天スーパーポイントは楽天カードとの組み合わせによって圧倒的な節約力を発揮するポイントで、今やキング・オブ・ポイントの名を欲しいままにしているポイントサービスだ。

というのも、楽天スーパーポイントのバックグラウンドには楽天市場という、ありとあらゆるものが買える極めて優れたECマーケットで、その楽天市場で使用できるということは、楽天市場で販売されている商品を買うために使用するはずだった現金を節約できるということだ。

そのため、楽天カードと楽天スーパーポイントの組み合わせは今や最強クラスの節約力を持っていると言えるのだ。

楽天市場というECマーケットの強みが際立つ

Tポイントが以前まではポイントの中で最強クラスの力を持っていたのは、レンタルDVDのTSUTAYAで利用出来たり、提携する数多くの店舗で使用することが出来たからだ。

しかし、今現在はレンタルDVD自体がストリーミングサービスの台頭により衰退しているし、さらには実店舗は現在コロナの影響で行きにくい状況になってしまっている。

そのため、Tポイントが持っていた以前までの魅力が徐々に薄れてきてしまっているのだ。

その一方で、楽天市場はECなので自宅にいても利用でき、さらには様々な商品を買えるとあって盛況を極めている。

また、楽天スーパーポイントはほかの楽天グループの企業でも使用できるため、その利用価値はますます高まっている。

そのため、今後はほかのポイントサービスと比べてもさらに楽天スーパーポイントがキング・オブ・ポイントの座を強固なものにしていく可能性が高くなっていくに違いないだろう。

これは、楽天スーパーポイントがECという時代の波にきちんと乗れていることが、非常に大きなアドバンテージとなっているからなんだろうね。

楽天カードを作って楽天カード会員専用HPを利用しよう

さて、こういった感じで時代の波に乗ってその地位を確固たるものとし、メリットが満載で利用すればするほど節約力が高まるのが、現在最も多く発行されているクレジットカードと言っても過言ではない楽天カードだ。

楽天カードは、今のところ最も節約生活と相性がいいクレジットカードだと言っていいだろう。

とういうのも、前述したように楽天スーパーポイントによる節約メリットも大きく、さらには楽天カードユーザーであれば、楽天カード会員専用HPで提供されている各種キャンペーンを利用することができ、そのメリットも非常に大きいと言ってもいいだろう。

また、最近では楽天スーパーポイントと提携している店舗も増えてきているので、楽天市場を利用していなくても楽天スーパーポイントがたまっていく場合も多い。

楽天カードは年会費・入会費が無料で、現在は新規入会&利用で楽天スーパーポイントが5000ポイントも付与されるキャンペーンを実施している。

なので、楽天カードに興味のある方は、検討してみた上でこの機会に作ってみるのも悪くはないだろう。

・楽天カードの経済的メリットを説明した記事

株で夢をかなえよう

※楽天ユーザーは下記のボタンを猛プッシュして欲しい!!また、楽天スーパーポイント好きも猛プッシュを頼む!!それ以外の方は、押さなくてもいい。

にほんブログ村

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ