スポンサーリンク

ライフネット生命でがん保険の保険料見積もりをしたら簡単なうえ高速すぎて驚いた

「は、早すぎる...」

ライフネット生命でがん保険の保険料見積もりをしてみたところ、あまりの早さにあっけに取られてしまった。

生命保険といえば、ひと昔前までは、生保レディと呼ばれる女性が職場などに販売をしに来て「あなたにはこの保険とこの保険」という感じで提案を行っているイメージだったが、最近は様々な媒体を通じて販売されるようになってきた。

例えば、銀行の窓口でも生命保険の提案を行っているところもあるし、ファイナンシャル・プランナーがライフプランを提案する際に生命保険を提案するケースもある。

そして、保険商品も様々なタイプのものが発明され、消費者はより幅広い選択肢の中から保険を選べるようになった。

一方で、あまりにも保険の選択肢が増えてしまい、一体どれを選べばいいのかわからないという方も多い。

保険とは、将来起こりうるリスクに対して事前に備えておくために加入するものなので、「自分に将来起こり得るリスク」を想定して商品を選ぶべきだ。

そのため、「どれを選ぶのか」という問題は、各個人によってかなり違いが出てくる。

例えば、家族がいる方であれば死亡保険に加入しておく必要があるし、運用目的であれば一時払い終身保険などの選択肢が考えられる。

ただ、一つだけ日本人であれば必ず加入はしておいた方がいいであろう保険がある。

それが、「がん保険」だ。

がんは、日本人のうち2人に1人がガンになり、3人に1人がガンで死亡すると言われているほど罹患率の高い病気だ。

がん患者は高齢者に多いイメージが一般的にはあるが、15歳~39歳までの若年者についても、「がん」と診断される人の数が年間2万人にも上っている。

厚生労働省の調べ(平成29年人口動態統計・確定数の概況)によれば、日本人の死因のうちぶっちぎりの第1位は27.9%を占めるがん(悪性新生物)だ。

このように、がんはもはや日本人の国民病と言ってもいい病気で、誰もが罹患する可能性のある恐ろしい病なのだ。

そして、がんに罹患してしまった場合、高額な治療費に患者が悩まされるケースも少なくはない。

がん治療によってかかる治療費は、高額な抗がん剤などを使用したり、健康保険が適用されない治療方法等を選択せざるを得ないケースがあるため、他の疾患と比べて桁違いの金額となる場合が多い。

金額は個別の症状や罹患した部位によって大きく異なるが、数百万単位の治療費がかかることもザラだ。

しかも、近年は医療技術の発展により、がん発症後の生存率が伸びているので長くがんと付き合っていかなければならず、その分費用もかかってしまう。

そのため、早めにがんに対するリスクについて対処策を講じておく必要があるのだ。

例えば、ガンの一番の原因となるタバコをやめる、飲酒量を適量に減らす、出来るだけストレスのかからない生活を心がける等で、事前予防をすることが対処策として考えられる。

ただ、それらの予防策を講じていても、がんになる可能性をゼロにすることは出来ないので、万が一がんに罹患した場合に備えて「がん保険」に加入しておく人が多い。

がん保険に加入しておく一番のメリットは、前述した高額な治療費による負担を軽減出来るところだ。

例えば、がん治療に200万円の治療費がかかったと想定した場合、がん保険に加入しておけば、健康保険の使用と一時金等を含めた保険金で大部分をカバーできる可能性がある。

しかし、がん保険に加入していなければ、全額を自己負担しなければならず、相当な経済的負担となってしまう場合も多い。

がんに罹患してしまった場合、それまでと同じように働くことが難しくなり、収入が著しく落ちてしまうケースもあるので、高額な治療費を自己負担せざるを得ない場合は最悪破産してしまうリスクもあるのだ。

そのため、健康なうちにがん保険に加入しておき、そういった高額な治療費をカバー出来る状態にしておくことが非常に重要となってくる。

ただ、保険というと資料を取り寄せたり、銀行や保険代理店の窓口に行ったりしないと手続きが進まず、また保険料がどれくらいかかるのかもイメージしずらいため、それがネックでなかなか動き出せない人も多い。

しかし、ネット生保の草分け的存在であるライフネット生命であれば、HPですぐに保険料見積もりをすることができ、なおかつライナップされているプラン毎の保険料を確認出来るので、非常に加入のイメージがしやすい。

保険の場合、「月々いくらかかるかわからない」という点が顧客の一番の不安となる場合が多い。

その点、ライフネット生命の保険料見積もりは驚くほどすぐに完了するので、顧客は無駄な手間なく具体的に保険への加入を検討出来るのだ。

実際に保険料見積もりをしてみると分かるが、本当に驚くほど簡単で尚且つ早く済む。

保険料の見積もりは、ライフネット生命のHP→保険料の見積もり・お申込み→保険料シュミレーション、ですぐに実施することが出来る。

もちろん、保険の加入については資料を確認したり、HPで販売されている保険で補償される内容を確認してみたり、それでも不明な点があれば電話で絶対に問い合わせて確認して検討するべきだ。

ただ、それらの作業についても、「まずは保険料がどれくらいなのか」という点が分からなければ具体的にイメージが湧かず、なかなか進めることが出来ないので、まずは保険料の見積もりを同社のHPでやってみることをお勧めする。

実際にかかる費用を確認することは、どんな金融商品であっても絶対に調べておくべきことなので、まずはそこから始めてみることが非常に重要だからね。

かぶで夢をかなえよう

※ライフネット生命を知っている方は、下記のボタンを猛プッシュして欲しい!!また、「保険はむずかしい」と思っている方も猛プッシュを頼む!!それ以外の方は、押さなくてもいい。

にほんブログ村

サラリーマン投資家ランキング

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ