スポンサーリンク

配当金で過ごす投資家の夏・深田恭子似と白猫と緑色を求めて旅に出る‐VOL2

前回までのあらすじ

★  ★  ★

「ねえ、この黒猫のお墓作ってあげようよ」

「お墓?」

「そう、このままだと寒そうだから」

その時、すでにその黒猫は息絶えていて、以前はワックスを塗ったようにテカりを帯びていた黒い体毛が、使い古したモップのようにざらついていた。

体に手を触れてみると、いつものようにゴロゴロと鳴く猫の振動と温もりは感じられず、冷たくて硬い皮膚の感触だけが手に伝わってきた。

黒猫の目はすでに硬く閉じられていて、もうスカイブルーの鮮やかな瞳をそこに見つけることは出来なかった。

少し開いた口からは、乾燥した白い牙が覗いていた。

僕は、黒猫の瞼のあたりに指を添え、目を開いてみようとしたが、途中でやめた。

黒猫の死骸の横には、背の低いタンポポの黄色い花が地面にこびりつくように咲いていた。

それはまるで、春が来る前に死んでしまった黒猫のために、誰かが添えた花のようだった。

★  ★  ★

神社の境内に入ると、白猫のスカイブルーの瞳がこちらを見つめていた。

横には、一人の若い女性が屈んでいて、白猫の背中のあたりをゆっくりと撫でていた。

その女性は、僕が境内に立ち入ってもこちらを見ようともせず、ぼんやりとした目で白猫を見つめていた。

「飼い猫ですか?」

僕がそう言って話しかけると、ワンテンポ置いてから彼女がゆっくりとこちらを振り返った。

ショートカットに赤い唇、夏なのに上は白いパーカーを着ていて、下はショートパンツ、そこから伸びた白い脚の先には赤いパンプスを履いていた。

美人だったが、影のある顔つきをしていると思った。二重の目はどことなく焦点が定まっておらず、滑りを帯びた赤い唇が物憂げにゆっくりと動いているよう見えた。

体の奥にぞくりとした感覚を覚えるほど、色気のある女だと思った。

「誰?」

顔に似つかわしくない、幼い響きのする高い声だった。

「その猫についてきたんだよ」

「この猫に?」

「ああ、居酒屋を出たところでその猫を見つけたんだけど、ずっとこっちに来いって案内してくるからここまでついてきたんだ。お姉さんが飼ってる猫なの?」

僕は、彼女の物憂げな表情を見ながら、出来るだけ胸の奥のざわつきを勘ぐられないように、少しおどけたような声でそう言った。

正直、彼女と知り合いになりたいと思っていた。

「この猫があなたを案内したんだ。珍しいわね」

「そうなの?」

「あたしの他には、あんまり人に懐かないのよ、この子」

そういうと、彼女はパーカーのポケットからタバコを取り出し、1本取り出すと口にくわえて、緑色のプラスチックのライターで火をつけた。

銘柄は、フィリップモリスが製造しているラークだった。昔初めて吸ったとき、糊のような味が口の中に広がって、あまり旨いとは思わなかったタバコだ。

「猫が好きなの?」

そう言ってこちらを見た彼女の目に、初めて僕の姿が映っていた。焦点はきちんとこちらに合わせられていて、猫のようにゆっくりと瞬きをしていた。

黒目の周りの茶色が薄くて、美しい目だと思った。

「ああ、結構好きだね」

何となく、このまま彼女と知り合いになれそうな気がして、心が浮ついていた。

「猫が好きな人って...」

そこまで言って、彼女はゆっくりと空を見上げながら、赤い唇を煙突のように尖らせてタバコの煙を吐き出した。

煙を全部吐き出し終わった後も、彼女はずっと空を見つめている。

「自分で自分の自由を奪っている人が多いんだよね」

彼女は、呟くようにしてそう言った。

「どういうこと?」

「どういうことって、そういうことよ。猫って自由の象徴みたいなところがあるでしょ?猫が好きな人って、実は猫が好きなんじゃなくって、自分が自分の中から追い出してしまった自由を猫に投影して懐かしんでるだけなのよ」

嫌なことを言う女だなと思ったが、確かにその意見は的を得ていると思った。

僕は、ブロック塀の上を歩いている猫を見たりすると、自分が失ってしまった「自由」をそこに映し出し、目で追ったり体に触れたりすることで、それを取り戻そうとしているのかもしれない。

「お姉さんはどうなの?」

「わたし?」

「ああ、僕の場合はそれは確かに当たっているかもしれない。この通り、毎日ストレスまみれで働いているサラリーマンだからね。毎日、自分自身の自由を奪うために頑張っているようなもんだ」

「わたしも一緒だと思う?」

「真夏の暑い中、こんなところでタバコを吹かしながら猫を撫でてるんだから、多分お姉さんも僕と同類だろうね」

僕がそういうと、彼女は少し笑ったように見えたが、突然手に持っていたタバコを地面に叩きつけると、スタスタと僕の前を通り過ぎていく。

一瞬あっけにとられたが、僕は何とか彼女を呼び止めようと試みた。

「ちょっと、冗談だよ、もう少し猫トークでもしよう」

しかし、そう言ったときには、彼女の姿はすでに鳥居の外に消えていた。

「なんだよ...」

せっかく美人と知り合えると思ったのに、何となく肩透かしを食らったような感じがして、がっかりした。

一体何が気に食わなかったのか、気の短い女だな。

そう思って白猫の方を見てみると、まだそこにいたのでホッとした。

「こっちこいよ」

白猫の側にいき、体を撫でてやりながら、彼女が地面に叩きつけたタバコのフィルターを見つめる。

茶色いフィルターに、彼女の赤い口紅が付着しているのを見て、さっきまで確かに彼女はここにいたのだと不思議な気分になった。

また、ここに来るんだろうか?

ラークの茶色いフィルターに滲む彼女の唇の輪郭を見つめる。

恐らく、彼女はまたここに来るだろう。

そんな、確信めいた予感がした。

気が付くと、神社の境内には無数の蝉が胸の膜を激しく鳴らす音が幾重にも重なり合うようにして響いていて、いつの間にか白猫はどこかに消えていた。

株で夢をかなえよう

※かぶまくらさんの一夏の記憶(不定期連載)をまだ見たい方は、下記のボタンを猛プッシュして欲しい!!また、白猫好きも猛プッシュを頼む!!それ以外の方は、押さなくてもいい。

にほんブログ村

サラリーマン投資家ランキング

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ