スポンサーリンク

【長時間労働】裁量労働制により完成するセブン→イレブン+αの地獄

おいっすうううううううううううううううううううううううう!!

やっと帰ってこれた...。

正直、眠気が限界なのだが、今、こうしてブログを更新している。

なぜ、そんなに眠いのかというと、昨日、久しぶりに「セブン→イレブン+α」が完成してしまったからだ。

セブン→イレブンとは、朝の7時から夜中の11時まで労働に勤しむことである。そして、+αとは、そこからさらに付き合い酒を飲むことである。

うん、普通に労働基準法に抵触しているよね。

最近では、世間の風潮的に労働環境改善が叫ばれているせいか、おいらの職場ではたまにしか完成しなくなったセブン→イレブンだが、会社によってはまだまだ普通にこういった長時間労働が普通に行われている。

朝の6時や7時から、夜中の11時や12時まで働くという超長時間労働は、つい最近までは結構な数の企業で普通に行われていた。

中には、さらにその上をいくハイパーな職場なんかもあって、なんと朝の2時にパワハラ上司から届くメールを職場で待っているという友人も以前いた。

朝の2時て...漁師さんが起床する時間やん...。

それを聞いたときには、さすがに引いたが、実際にそういう職場も存在している。

そういった超長時間労働を許す風潮が改善され始めたのは、有名な大手企業で若手社員が過労とパワハラにより亡くなるという痛ましい事件が起きてからだ。

おいらが働き始めたころから、あの事件が起こるまでは、労働環境の改善などどの企業でも単なるポーズでやっているフリだけして、相当な数の企業が社員を酷使しまくっていた。

SNSが存在しておらず、あの事件が拡散されなければ、恐らくは今でも状況は何も変わっていたなかったのではないだろうか?

一体どれくらいの正確さがあるのかは分からないが、とある調査では、日本は外国人がアジアで働きたくない国NO1に君臨してしまっているらしい。

...。

「そんなことあらへん!!」

そう言い切れる人が、日本の民間企業で働いている人間でどれだけいるのだろうか?

⏱  ⏱  ⏱

昨日、様々な事情が折り重なり「セブン→イレブン+α」が完成してしまったせいで、大切なプライベートの用事をキャンセルせざるを得なくなったおいらは、かなりイラついて深夜に帰宅をした。

仕事上のトラブルや、様々な事情により非常にムカつくことが多い1日だったが、酒を飲んだせいかイラつきが収まらなくなっていた。

そして、思い出してみると、昔は昨日のような日が結構あったような気がする。

そのころは、毎日ヘトヘトになるまで長時間残業をして働いていて、かなりストレスを貯めていた記憶がある。

長時間労働は、続けば続くほど、見えないダメージが蓄積され、中には体を壊したり、メンタルが弱ってしまう方も実際にいる。

昔、世話になった優秀な女性社員の方が、長時間労働を続けたせいで体を壊してしまったことがある。

「しんどそうですけど、大丈夫ですか?」

おいらがそう聞くと、

「大丈夫、大丈夫」

と言っていたが、明らかに顔はもうダメだと物語っていた。

日本人は基本的に真面目な人が多いので、ギリギリまで無理をする傾向が非常に強い。そのため、限界点を超えて体を壊してしまったりする人も結構いる。

結局、その方は会社を辞めてしまったのだが、その後ずいぶん経ってから、街でばったりと出会ったことがある。

「お久しぶり」

そういった彼女の顔は、会社で見せていた強張った表情ではなく、自然に笑っているように見えた。

「仕事、別のところでやってるんですか?」

「うん、アルバイトみたいな感じだけどね」

「アルバイト?」

「そう、前からやってみたかった仕事で、たまたま募集してるの見かけて、応募したら受かったから」

そんな感じの会話をしたような気がする。その時は、アルバイトなんてやってて将来大丈夫なのか?と思ったが、彼女自身は以前同じ会社にいたときと違い、かなり楽しそうな様子だった。

彼女がその後どうしているのかは知らないが、おいらは会社員という選択肢を金を稼ぐために自分で選び、かなり長い時間、やむを得ず長時間労働に従事してきた。

そのことをあまり疑問に思ったことはなかったが、ここ1年くらい、純粋に「これって正しいのか?」と自分で自分に疑問を抱くことがある。

俺は、世間一般で正しいと言われている、不気味な空気感のようなものに身を任せることで、思考することを放棄しているのではないだろうか?

そんな疑問を感じて、天井を見ながら色々考え出すと、段々とひどく疲れてくる。

まあ、働くことは全然嫌いではないのだが、時間をかけてやるのであれば、もっと何か自分の財産として何かを作り続ける仕事の方がよかったのではないかと思うこともある。

会社で長時間労働をしても、会社の利益には貢献出来るかもしれないが、自分には何も残らない。

経過した時間の分だけ年を取り、そして稼いだ金を使うだけだ。

...。

暗いな笑。

⏱ ⏲ ⏱

ところで、最近、某大手企業で裁量労働制により継続的に長時間労働させられていた社員が、精神障害や脳疾患を発症して続けざまに労災認定されたと報道されていた。

裁量労働制とは簡単に言うと、会社側が、適用される社員が実際に働いている時間とは別に、労使で協定した時間を働いたとみなす制度のことだ。

この裁量労働制だが、実際に働いている時間と、みなし労働時間が剥離してしまうというケースが頻発しており、長時間労働の温床となっている。

某大手企業の労災認定の件もそうだし、自分の身の周りで過去起きた事例を見ても、間違いなく長時間労働は人体に悪影響を及ぼす。

下手をすると、その人の人生をメチャクチャにしてしまうくらい、恐ろしいものなのだ。

しかし、裁量労働制を採用してしまえば、会社側とすると、「みなしで働いている部分は自己責任ですから」という風になってしまう。

そのため、与えられた仕事やノルマをこなせない人間は、結局残業をせざるを得ないということになってしまう。

現在は、この裁量労働制を様々な職域に広げようとする動きがあるようだが、相当注意して導入していかないと、再び長時間残業がはこびりまくる社会に突き進んでしまう可能性があると思う。

⏱  ⏲  ⏱

昨日、今日とヘトヘトになってしまったので、ひどく暗い記事になってしまったが、まあそんくらい疲れてしまったのだ。

なお、昨日は帰宅した後に何故かキーボードを叩いてブログを更新していたのだが、内容がま~ひどい。

イラつきながら書いているのがよくわかるような記事だからね。

なので、削除しといた。※タイトルはあれだが、特定の誰かを批判している内容ではないんだよ笑。

ブログ村からアクセスして下さったのに、記事が消えていてたという方については、まことに申し訳ありませんでした。

それでは、明日も長時間労働を頑張る方については、検討を祈る。

株で夢をかなえよう

※本日は休肝日のかぶまくら先生が哀れだと思う方は、下記のボタンを猛プッシュしてくれ!!それから、「お前、暗いよ!!」と思った方も猛プッシュしてくれ!!それ以外の方は、押さなくてもいい。

にほんブログ村

サラリーマン投資家ランキング

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする