スポンサーリンク

シケモク投資を実践します

こんばんわ!

禁煙してすでに10年のかぶまくらです。今回は、予告です。

ずばりシケモク投資が昨今の投資環境でも有効なのかおいらが実証してみるという企画をやってみようと思います。

シケモク投資とは、若き日のバフェットが実践していた投資方法で、誰にも見向きもされなくなった銘柄に投資して利益を挙げる方法です。ちなみにシケモクとはタバコの吸い殻のことです。

昔は道に落ちているシケモクを拾って吸っているおじさんなんかもいたんですよ。たばこって根本まで吸わずに結構残して吸う人もいますからね。

この投資の肝は、誰にも見向きもされなくなってはいるが、実際には完全なシケモクではなくまだ吸えるようなシケモクを拾うことにあります。

まだ吸えるシケモクであれば、いつか火が付けば10~30%程度は上昇するからです。

実はおいら、今の相場には結構いい感じのシケモクがいくつか落ちていると思っております。銘柄は日本株でも米国株でも中国株でもなんでもOKとしましょう。身銭を切ってやるのでその点は勘弁してください。

ただし、購入時から売却時まで同時期のAmazonのパフォーマンスと比べてみたいと思います。期間をどのくらいにするのかは考案中です。

ちょうど日本株を売り飛ばしたので投資用の現金が今50万円ほど手元にあります。もう少し足してやってもいいと思っています。

なんでこんなことをやろうかと思ったかというと、最近銘柄のスクリーニングを行っている中で案外シケモク投資って儲かるんじゃないかなと思ったからです。つまりシケモク銘柄が欲しくなってきたのです。

みんなに見向きもされない銘柄ほど、見向きされたときに大きく値を上げるような傾向があるような気がするんです。シケモクの基準は、あくまでおいら基準ですがね。

もちろん、全てをシケモク投資にするわけではありませんが、このブログではしばらくシケモク投資枠を公開してみようと思います。

その方が株ブログっぽいですからね。米国株でシケモク投資をするとなると、ある程度名の知れた銘柄になると思うので何かの参考になるとは思います。ダメならダメでやっちゃいけない投資のモデルケースになりますからね。

ちなみに銘柄はローリングしようと思っています。ある程度値上がりしたら売るってことですね。そして乗り換えたりしようと思っています。昨今の米国株ブログで最もやっちゃダメって言われている投機的な投資方法ですね。

もちろん超高配当株であるGMEもシケモクの候補に入っていますよ。また最近の最安値を更新しそうですが、配当利回りが12%に迫っていますからね。

事業内容もゲームソフトの店舗販売とまさにシケモク代表格です。

銘柄を購入次第、ご報告いたしますのでしばしお待ちください。

株で夢をかなえよう

1日1クリックでシケモクを拾いまくります!

にほんブログ村


サラリーマン投資家ランキング

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする