スポンサーリンク

株価暴落を遥かに超えるメガトン級の衝撃で眠れなかった夜

おいっす~!!

米国株投資家も、日本株投資家も、本日は株価が暴落した話題で持ち切りだが、実はおいらはそれどころではなかった。

米国株が暴落したと知ったのは、本日の夕方にスマホで株アプリを開いてからだ。

日本株は1,000円近く、米国株は800ドル以上の下げ幅と、衝撃的な下げ方をしていたが、正直おいらはあまりインパクトを感じなかった。

というか、頭の中がそれどころではなかった。

株価の暴落などかすんでしまうほどの恐怖が、ずっとおいらの体を包んでいて、頭の中はそのことでいっぱいだった。

早く、一刻も早く、家の中を点検しないと...。

🌒  🌒  🌒

端的に言うと、ゴキ太郎君が我が家に侵入してきた。

本名を言うのもはばかられる、あのソリッドで、ブラックで、高速で動く彼のことだ。

...。

もうね、マジでおいらゴキ太郎だけは無理なんですよ。

それが、なんと深夜の1時ころに我が家に登場してしまったため、そこから1時間ほど彼と格闘せざるを得なくなってしまった。

家にゴキジェットがあってよかった...。

この家に侵入してきたのは初めてだったので、マジで衝撃を受けてしまった。

ゴキジェットで始末してからも、彼の同胞がいるんじゃないかと思って恐ろしくてほとんど寝れなかった。

ガチで株価どころではなかったのだ。

まあ、恐らく窓を開けっ放しにしていたので、そこから侵入してきたのだろうが、それにしても怖すぎる。

ソリッドで、ブラックで、う、う、うああああああああああああああああああああああああ!!

そんな感じで、日中ほとんど仕事が手につかなかった。

またいたらどうしよう、早く、早く家に帰って隅々まで調べなければ!!

それしか考えることが出来なくなっていた。

そして今日は家に早めに帰ってきて、徹底的に掃除をしてみたが、どうやら同胞はいないようで安心した。

「かぶまくら、どうした?」

仕事中に彼を思い出して思わず震えてしまい、それを見た上司に心配されてしまったくらい、圧倒的な恐怖にこの身を支配されていたのだ。

🌒  🌒  🌒

ところで、おいらがゴキ太郎君におびえている間に、為替は円高になるわ、世界同時株安状態だわで、本日の相場は非常に混乱していたようだ。

こういう場合、普通なら少しはびっくりしてしまうのだが、今回は全く気にならなかった。

なぜなら、他のことで頭がいっぱいだったからなんだが、株価が下げているときは相場をあまり見ずに別のことに集中したほうがいいのかもしれない。

株価が下がった原因は、長期金利が上昇したのと、米中の貿易摩擦が悪化しそうだというのが原因らしいが、そんなの何か月も前から市場で問題視されていたことなのではないだろうか。

株価の暴落は、多分株式投資をしている限り、避けるのは不可能だと思う。

自分の資産の何割かを市場に預けていないと、今度は上昇した際に機会損失を被ることになるので、もはやそれは受け入れるしかない。

むしろ、今の水準からさらに株価が下がったほうが、将来金持ちになれる可能性が高まるのだから、個人投資家にとっては歓迎すべきことなのかもしれない。

株価が上がり続けている状態で買うよりも、下げているときに買ったほうが、将来的に米国株市場が上げ続けるという前提であれば、かなり儲かる確率は上がるはずだからね。

まあ、保有している株が下げまくっているのを見ると気分はよくないが、株価が上昇しているときは「少しは下がってくれよ」と考えていたのを思い出すと、少しは冷静になれるかもしれない。

おいら的には、為替が110円を切る水準まで下がってくれたほうが、より有利に米国株へ投資できるような気がするので、それくらいの水準まで為替が下がって、NYダウが2万ドル近くまで下がっても別にいいと思っている。

何やかんやで、いったん下がっても多分上がるような気がするしね。

というか、米国株ブロガーの方々が掲載しまくっている、米国株市場の長期チャートを見ればそうならない方がおかしいだろう。

だから、本日の暴落を見ておびえている人は、あのチャートを見て少し安心したらいいように思う。

おいらは、今からさらに掃除をするので、それどころではないのだが。

許せねえんだよ、おいらのリラックスタイムを、あんなコックローチ野郎に奪われてしまったことがなああああああああああああああああああああああ!!

絶対、絶対許さんぞ、あの虫けらめ!!

ということで、もうちょい隅々まで掃除して寝ます。

株で夢をかなえよう

※昨日ガチで2時間も眠れなかったかぶまくらが可哀想だと思う方は、下記のボタンを猛プッシュして欲しい。私もゴキ太郎まじで無理ですという方も猛プッシュして欲しい。いないとは思うが、それ以外の方は押さなくてもいい。

にほんブログ村

サラリーマン投資家ランキング

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする