スポンサーリンク

朗報!!GEがヘルスケア事業をスピンオフ!!

ウイーンッウッウッウッウッウッウッウッウウイーンウッウッウッ。

さて、これは何を表した音でしょうか?

何?分からない??

それは君がまだ人生の辛酸を嘗め尽くしていないからだ。

いや、まだペロペロキャンディーしか舐めたことがないくらいの坊やだからだと言っていいだろう。

逆にこの音が何の音か分かるのであれば、君は少しは人生の厳しさを知っている大人の漢だ。

では、(^ω^)ペロペロキャンディーしか舐めたことのないお子ちゃまたちに、正解を教えてあげよう。

これは、MRIという機械の中にブチ込まれた時に聞こえてくる音だ。

何!?MRIが何かわからない!?

だったら家に帰ってママの干しブドウのようなおっぱいを吸うところからやり直した方がいい。君はまだまだ子供すぎる。ママの暖かい胸の中で母乳でお腹いっぱいになり、すやすやと眠っているのがちょうどいいだろう。

...。

まあいい、特別に答えを教えよう。

その昔とある事情により、おいらはMRI検査を受けざるを得ない事態に陥ったことがある。

MRIとは、磁気の力を使って体の臓器や血管を画像として映し出して検査する医療機器のことだ。入った人なら分かると思うが、非常に狭い筒のような密閉空間にブチ込まれるので、閉所恐怖症の人はMRI検査の不快感と恐怖にまず耐えられないだろう。

おいらも実は軽度の閉所恐怖症なのだが、ウイーンウッウッツウ...という耳障りな音と圧迫された空間に耐えるため、検査中はずっとエロいことを考えていた。

耐えなければ、このつらい時間をやり過ごすために、とにかく耐えなければ。

おいらは必死にイマジネーションを膨らまし、女子アナや好きなグラビアイドル、昔の彼女のことを考えた。

がんばれ俺、もう少しでこの苦痛から解放される、あと少しだ。

そう、おいらは必死で頑張った。

耐えろ!!耐えるんだジョー!!!!!

ジョオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオ!!!!!!

検査が終わった後、息子がフルパワー状態になっていたので少し恥ずかしかった。

😸  😸  😸

MRIは脳の検査やその他さまざまな症状の発見に活用されているかなり効果的な装置だ。レントゲン検査等では発見できなかった症状の原因が、MRI検査を行うことによって発見されることも珍しくはない。

MRI検査の他にCT検査というものもあるが、CT検査が人体を断面図のようにして診断するのに対して、MRI検査は磁力の力を利用して液体を映し出すのでより精密な検査が可能だと言われている。

このMRIという装置だがべらぼうな値段がする代物だ。普通に1台2億とかする異次元に高額な医療装置なのだ。

だけど最近個人病院でもこのMRI装置を導入する医療機関が徐々に増えている。以前は総合病院等の大きな病院でないと受けられない検査だったのだが、それだけニーズがあるということなのだろう。

ところで、本日ブルームバーグのニュースを見て驚いたのだが、爆損銘柄の代表として現在芸国株ブログ村で最も畏怖されている銘柄であるGEことゼネラル・エレクトリックが、ヘルスケア事業をスピンオフするというのだ。

内容としては20%株を放出し、残りはGE株主に分配するということだ。そして油田サービス会社のベーカーヒューズの株式も放出し、電力、航空、再生可能エネルギーに経営資源を集中するとのことだ。

GEのヘルスケア部門は、MRI装置やCT装置も製造している。日本でもGEヘルスケアジャパンという現地法人を設立していて、日野工場は世界の中でも重要な製造拠点の一つになっている。

もちろん、MRIやCT以外にも様々な製品を作ったりサービスを提供しているようだ。だけど見る限りメインはMRIやCT等の医療検査装置の製造みたいだ。

これはGEホルダーにとっては結構朗報なのではないだろうか。スピンオフするヘルスケア会社の株式も貰え、おまけに配当も維持して頑張る的なことを言っているので株価は上がるのではないだろうか。

GEは以前にもシンクロニー・ファイナンシャルというクレジットカード会社をスピンオフで分社化しているが、この会社の株式は確かバフェットも保有しているはずだ。株価は現在市場状況の悪化により調整中だが、分社化後は上昇基調できている。

今後世界中で高齢者が増えていくことは確実なので、MRIやCT等の検査装置のニーズはますます増していくのは確実だ。

だから、分社化されたらかなり人気が出るだろうなと思うので、当然おいらも株式を保有出来るのであれば保有してみたい。

MRI装置自体は不快感MAXなので二度と入りたくはないが、MRIやCTを製造している会社であれば投資してみたいと思う。

日本でもキヤノンの子会社のキヤノンメディカルシステムズ(東芝の医療部門を買収)がMRIやCTを製造しているが、こちらも株式が上場されれば是非上場してみたいものだと思っている。

しかし、GEは電力、航空、再生可能エネルギーで事業再生する自信がよっぽどあるのだろうか。ヘルスケア部門をスピンオフすれば株主と投資家たちは喜ぶかもしれないが、長期的に見ればGEのマイナイスになるのではないだろうか。

東芝も、虎の子の芝メディカルをキヤノンに売却したのはやむにやまれずだったことを考えると、やはり今のGEは相当切羽詰まっているんだろう。

いずれにせよ、歴史のある企業なので生き残って貰いたいとは思うが。

株で夢をかなえよう

清き1クリックをよろしくお願いいたします!


にほんブログ村

サラリーマン投資家ランキング

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする