スポンサーリンク

Amazonより値上がりしている株を発見した

Amazonを凌駕するパフォーマンス

最近、自宅に帰ってきてから毎日パソコンで面白い株はないかと探してしまう自分がいる。

毎日毎日、ひどいときには深夜にまでその孤独な作業が続く。何故そんなことをしているのかというと単純に面白いからだ。

海外の企業を調べていて面白いのは、日本株ではあり得ないほど高配当な株式や高ROEな会社を発見することが出来るところだ。

グロース株はAmazonが米国代表のようになっており、まさにその通りなのだが株価の値動きを追っているとAmazonを凌駕するほどのパフォーマンスを見せている株もある。

トランプ大統領が当選してからのいわゆるトランプラリーでAmazonの株価は約2倍程度まで上昇した。あれだけの時価総額の企業が2倍になるというのはすごいことだが、それ以上上昇している株もある。

トランプラリーで株価が三倍に

トランプラリーで上昇した株は数えきれないが、株価が約3倍にまで達した株はその中でも数が限られてくるだろう。

そんな株のひとつがアラインテクノロジー(ALGN)だ。

◆Amazon

チャート画像

◆アラインテクノロジー

チャート画像

チャートの角度を見ると、Amazonよりもアラインテクノロジーのほうが急角度で上がっていったのがよく分かる。

もちろんバリバリの無配株で、PERは61倍と割安からはかけ離れた水準だ。ただし、AmazonのPERは約130倍なのでそれに比べればマシなほうだ。

このアラインテクノロジー、何を作っている会社かというと歯科矯正用のマウスピースを医療機関に提供している会社だ。矯正歯科の関係者の間では相当有名なメーカーのようで、世界100か国以上で同社の製品を使った治療が行われている。

歯科矯正と言われてもピンとこない人もいると思うが、おいらも一部矯正をしたことがあるのだが、ワイヤーを金属を使って歯に固定させて行うのが一般的だ。ただし、これはかなり苦痛だ。最初は痛みもあるし、なによりも見た目が悪い。

それを解決したのがアラインテクノロジーの透明なマウスピースで、あまり目立たずに歯科矯正を行うことが出来る。

しかしこのマウスピース治療だが、相当金がかかる。おいらも医者に「いっそのことマウスピースで全部矯正するか?60万ほどかかるが」と勧められたが丁寧にお断りした。

60万て中古の軽自動車が買える値段やん!!とびっくりしたのを覚えています。しかしそんな高価なマウスピースが今人気で、結構こっちを選ぶ人が増えているのです。理由は取り外しも出来て目立たないからというのが一番大きい。

やった人しか分からないと思うが、ワイヤー式の矯正はかなり苦痛なのだ。

だから今後世界中でニーズが増していくことは目に見えている。だからお金が一気に集まって株価が急上昇しているのだろうな、と思う。

今買いの株なのか

現在PER61倍と相当割高な水準で、しかも無配当の株なので一見すると決して買えるような水準ではないように思える。

しかし、歯科矯正用のマウスピースのニーズが今後世界中で増していくのは確実なので、売り上げは今後も上昇していくことがある程度予測出来る。

矯正用マウスピースのむつかしいところは、歯の形や口の中の形を機械で正確に読み取り、それをミリ単位の精度で整形するところにある。歯ぎしり用の健康保険で買える安いマウスピースはそうでもないが、矯正用のマウスピースは相当な精度を要する。だから高いと医者が言っていた。

現在世界中で平均所得が上昇しているので、豊かになれば歯並びや噛み合わせを気にする人が益々増えてくるだろう。お金に余裕が出来れば今まで目が届かなかった部位の不具合も気になるのが人間の性だ。

なので、100カ国以上で矯正用マウスピースの事業を展開しているアラインテクノロジーの事業基盤は相当に安定していると考えられる。

値上がりのみを期待して買ってもいいかな、と思わせてくれる銘柄ではある。

※投資は自己責任でお願いします。おいらの記事を読んで株を買うような真似は絶対しないようにしましょう。

よろしければこんな記事もどうぞ!

木々や花々にはそれぞれの季節がある。 春にしか咲かない花もあれば、夏にしか咲かない花、そして冬にひっそりと咲く...

株で夢をかなえよう

1日1度のクリックで口にマウスピースを入れます。

にほんブログ村


サラリーマン投資家ランキング

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする