スポンサーリンク

楽天カード会員専用HPで楽天スーパーポイントが全額還元されるキャンペーン開催中

楽天カード会員専用HPで楽天スーパーポイントが全額還元されるキャンペーン開催中

楽天カードを使用している人であれば頻繁に利用しているのが、楽天カード会員であれば誰でも使える楽天カード会員専用HPだ。

楽天カード会員専用HPは、非常に多くの楽天カードユーザーに支持されていることからも、その利便性の高さが伺える。

というのも、楽天カード会員専用HPでは、楽天カードユーザーが月末になってクレジットカード専用口座の残高が足らずに支払いが遅れてしまう、といった事態を防止するために、一目で現在の利用額がわかるような設計にしているなど、ユーザーフレンドリーな作りとなっているからだ。

また、楽天カード会員専用HPでは月ごとの利用明細もすぐに確認できるようになっているため、自分が一体何に、いくらのお金を使っているのかが一目でわかるようになっている。

楽天カードユーザーは楽天スーパーポイントという名の、極めて優れたポイントが貯まるからという理由で楽天カードを使用しているケースが多いが、こういった点も楽天カードを利用する大きなメリットだと言っていい。

というのも、使用金額や利用場所をすぐに把握できるということは、自分自身の「支出管理」を正確に実施するという点で非常に重要だからだ。

「支出管理」がきちんと出来るようになると、自動的に貯蓄体質になっていくので、この点は見逃せない楽天カードを使用するメリットだ。

他にも、楽天カード会員専用HPでは様々なキャンペーンにエントリーすることが可能で、抽選で楽天スーパーポイントが全額還元されるキャンペーンもそんなキャンペーンの一つだ。

キャンペーンのエントリー方法について

楽天カード会員専用HPで実施されている、抽選で楽天スーパーポイントが全額ポイント還元(※上限あり)されるキャンペーンのエントリー方法等は下記の通りとなっている。

・期間:2020/4/1(水)0:00~2020/4/30(木)23:59 

・要件:エントリー+楽天カード2500円以上使用

・還元ポイント上限:30000ポイント

■エントリー方法:楽天カード会員専用HPへログイン→キャンペーン・ポイントサービス→キャンペーンバナーをクリック→エントリー

※詳細は必ず楽天カード会員専用HPで確認するようにしよう。

このキャンペーンは抽選なので、当たるかどうかは運次第だが、毎月楽天カードを一定額以上使用する人の場合はエントリーしてみるのは悪くはないだろう。

というのも、楽天カードをコンビニの決済等で頻繁に使用する人の場合、今回のようなキャンペーンにエントリーして運よく当選すれば、非常に大きなメリットがあるからね。

こういったキャンペーンで付与される楽天スーパーポイントは期間限定ポイントである場合が多いが、それでもそういった楽天スーパーポイントを使用して自分自身にとって本当に必要なものを買ったりしていると、その商品を買うための「現金」を節約する出来る。

楽天市場で買い物をしているだけで、楽天スーパーポイントは加速度的に貯まっていくが、こういった些細な努力をしていくことで、さらに楽天スーパーポイントは貯まっていく。

そして、最終的には楽天市場で楽天スーパーポイントを使用することで、「現金」を節約出来るという最高の節約サイクルが出来上がるのだ。

定期的にこういったキャンペーンを利用する人は、結果として節約意識の高い人となり、現金を効率的に節約することが可能になっていくんだろうね。

楽天カードを作って楽天カード会員専用HPを利用しよう

さて、こういったメリット多いキャンペーンを提供してくれる楽天カード会員専用HPを利用するために絶対に必要なのが、現在最も多く発行されているクレジットカードと言っても過言ではないのが楽天カードだ。

楽天カードユーザーであれば、楽天カード会員専用HPで提供されている各種キャンペーンを利用することができ、そのメリットは非常に大きいと言ってもいいだろう。

また、最近では楽天スーパーポイントと提携している店舗も増えてきているので、楽天市場を利用していなくても楽天スーパーポイントがたまっていく場合も多い。

楽天カードは年会費・入会費が無料で、現在は新規入会&利用で楽天スーパーポイントが5000ポイントも付与されるキャンペーンを実施している。

なので、楽天カードに興味のある方は、検討してみた上でこの機会に作ってみるのも悪くはないだろう。

・楽天カードの経済的メリットを説明した記事

株で夢をかなえよう

※楽天ユーザーは下記のボタンを猛プッシュして欲しい!!また、楽天スーパーポイント好きも猛プッシュを頼む!!それ以外の方は、押さなくてもいい。

にほんブログ村

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ