スポンサーリンク

【楽天カード】楽天スーパーポイントをコツコツ貯めるメリットと現金しか使わないデメリット

楽天スーパーポイントをコツコツ貯めるメリットと現金しか使わないデメリット

楽天カードユーザーは多くの場合、常に決済は楽天カードで実施するケースが多く、そうすることによって楽天スーパーポイントを効率的に貯めているケースが多い。

というのも、楽天カードを使って貯める楽天スーパーポイントは、楽天市場というありとあらゆる物が買える楽天市場で使えるため、最強クラスのポイントサービスだと言っていいからだ。

そのため、本来であれば現金で買うはずだった商品を楽天スーパーポイントで買い、文字通り現金を「節約」することが可能だからだ。

楽天市場ではありとあらゆる商品が販売されており、売っていない商品を見つける方が困難なため、自分自身にとって必要な商品を楽天市場で買うということは、そんなに難しいオペレーションではないだろう。

なので、結果的に現金を「節約」することが出来る可能性があるのだ。

一方で、現金だけで決済をするケースばかりの人の場合はこうはいかない。

なぜ楽天スーパーポイントを貰えない現金を使うのか

しかし、いったい何故楽天スーパーポイントという素晴らしいポイントを得ることが出来るにも関わらず、現金を使って決済をする人がここ日本には圧倒的に多いのだろうか?

最近では、ここ日本においても「現金お断り」という店が出現して話題となっていたことからも分かるように、もはや国際的にみれば現金決済というのは旧式の決済手段なのだが、それでも日本人は必死で現金決済にしがみついているのだ。

その理由についてだが、恐らくは「現金にこそ価値がある」という現金に対する見えない信頼感が、日本人たちを楽天カードなどのキャッシュレス決済手段ではなく、現金決済に向かわせているのだ。

しかし、将来的には現金決済が衰退することは、電子決済が一般化している諸外国を見ていれば分かることなので、今のうちに日本人たちも年齢関係なくキャッシュレス決済に慣れておく必要がある。

そのさいに最適な選択肢となりうるのが、楽天スーパーポイントという極めて利便性の高いポイントサービスがついている楽天カードだ。

というのも、楽天カードを使って楽天市場で買い物を繰り返していれば、楽天スーパーポイントが貯まるため、次第に「楽天カードを使った方が経済的にいい」ということに気が付く可能性が高いからだ。

楽天カードを作って楽天カード会員専用HPを利用しよう

さて、こういったメリットが満載で利用すればするほど経済的メリットが大きくなるのが、現在最も多く発行されているクレジットカードと言っても過言ではないのが楽天カードだ。

楽天カードユーザーであれば、楽天カード会員専用HPで提供されている各種キャンペーンを利用することができ、そのメリットも非常に大きいと言ってもいいだろう。

また、最近では楽天スーパーポイントと提携している店舗も増えてきているので、楽天市場を利用していなくても楽天スーパーポイントがたまっていく場合も多い。

楽天カードは年会費・入会費が無料で、現在は新規入会&利用で楽天スーパーポイントが5000ポイントも付与されるキャンペーンを実施している。

なので、楽天カードに興味のある方は、検討してみた上でこの機会に作ってみるのも悪くはないだろう。

・楽天カードの経済的メリットを説明した記事

株で夢をかなえよう

※楽天ユーザーは下記のボタンを猛プッシュして欲しい!!また、楽天スーパーポイント好きも猛プッシュを頼む!!それ以外の方は、押さなくてもいい。

にほんブログ村

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ