スポンサーリンク

【配当金生活】20代から配当金生活を目指して仕組みを作るメリット

20代から配当金生活を目指して仕組みを作るメリット

ここ最近、スマホで誰もが様々な情報を仕入れることが出来るようになった影響により、「不労所得」に憧れる人が増えており、配当金生活を目指す人も増えている。

一般的にお金を手に入れるためには、自分の体を使って働くしかないというのが常識だったが、「不労所得」という肉体を使わずしてお金を手に入れる方法が一般の人々の間にも広がってきたのだ。

そのため、配当金生活といった、不労所得だけによって生活をするセミリタイア生活を目指す人々が増えてきているのだ。

不労所得自体は、昔から株雑誌や不動産投資の指南書で手に入れる方法が紹介されていたが、それらの媒体は誰もが気軽に手にするようなものではなかった。

ごく一部の、本当に「お金」に興味がある人々だけがそれらの雑誌を手にとるくらいで、普通の人々は「不労所得」や「配当金生活」という言葉すら知らなかったくらいだ。

それが、ネット環境が発達し、SNS等で広範囲に情報が拡散されるようになってから、一気に「不労所得」という言葉が広がっていったのだ。

そして、無料のブログやツイッター、それからネットメディア等でも「不労所得」を手に入れるための方法を親切に説いているケースもあるため、その気があれば誰だって不労所得を手にすることが出来る環境が整っているのだ。

不労所得を手に入れるための仕組みは、早めに作っておくに越したことはないので、20代でそれらの情報に触れている層にとっては、今のこの時代の環境はかなりメリットが大きいだろう。

なぜなら、より早く不労所得による「配当金生活」を目指した方が、最終的にその状況が実現する可能性が高いからだ。

不労所得は積み上げ方式で築いた方が効率がいい

不労所得を手に入れるための方法というと、数百万や数千万単位のお金がないと実現不可能だと考えている人もいるが、今の時代であれば数万円からの積み上げでも不労所得を得る仕組みを構築していくことは可能だ。

そのため、新卒の社会人など、まだ給与額が少ない20代の若者であっても、節約をして頑張れば不労所得を得る仕組みを構築することが出来るのだ。

不労所得を得るための一番手軽な方法は、なんといっても株を買って配当金を得る方法だろう。

配当利回り2~5%くらいの株式を少しづつ積み上げていけば、10年も経過すると結構な不労所得を手に入れることが出来る。

単純に毎月50万円づつ積み上げていき、10年経過した時点で元本価値がプラスマイナス0であったとしても、配当利回りが5%になっていれば、何もしなくても年間25万円もの不労所得が手に入ることになる。

実際には株価は上がったり下がったりするもので、配当金も増えたり減ったりするものだが、連続増配株等を選別しながら買っていけば購入時よりも配当利回りが高くなる可能性がある。

そのため、株式投資をすることによって得られる配当金は、株を積み上げていくことによって複利方式で増えていく可能性があるのだ。

本当の不労所得とは?

最近では、不労所得を得るための様々な方法がネット上等で紹介されているが、本当の不労所得と副業所得が混同して紹介されているケースも多い。

例えば、サイトやブログを使ったアフィリエイトについては、自分自身の時間を使って初めて報酬が発生するので、不労所得とは言えない。

また、不動産投資であっても、管理会社に任せずに自分自身で大家として管理する場合は、入居者対応やリフォーム、税金の申告等の対応があるので、純粋な不労所得にはならないケースもある。

FXや仮想通貨等のデイトレードは、言うまでもなく人の神経と時間を使うという意味では労働所得に該当するのかもしれない(自分でやってて思ったね笑)

不労所得とは、書いて文字のごとく何もしないでも手に入ってくるお金のことを指すので、人的資本を継続的に注入する必要があるのであれば、「不労」には該当しないのだ。

そう考えると、不労所得を手に入れるためには「権利」を「お金」で買っていくのが最も手っ取り早いだろう。

株式や債券の場合は、企業が生み出す利益や、お金を借りる際に支払う利子を得る「権利」を買うことになるので、「不労所得」を得るという意味では最も合理的なのかもしれない。

もちろん、向き不向きや嗜好の問題もあるので、不動産が好きな人は不動産で、もっと別の方法が好きな人はその方法で不労所得を作っていくことがベストだ。

重要なのは、合理的に考えて「不労所得」が増えていき、なおかつ自分自身が継続して取り組むことが出来る方法を続けていくことだ。

20代は色々と試すことが出来る

20代から「不労所得」を手にするための仕組みを作り上げていくメリットは、「失敗」してもリカバリーが効くという点だ。

というのも、年齢が上がれば上がるほど、お金を積み上げていくことが出来る時間は短くなってしまうので、その分失敗もしにくくなっていくからだ。

20代の内であれば、多少の失敗をしても時間をかけてリカバリーすることは十分可能だ。

そのため、株式や不動産、それからクラウドファンディングに債券など、不労所得を手に入れるための仕組みを構築するために様々な方法を試すことが出来る。

なので、20代でもしも「不労所得」を手にしてみたい、と考えている方がいれば、ぜひ早めに取り組みを開始することをお勧めする。

・定期的に利子所得を得るクラウドファンディングの記事

株で夢をかなえよう

※不労所得が好きな人は下記のボタンを猛プッシュしてくれ!!20代で投資を始めた方も猛プッシュを頼む!!その他の方も、猛プッシュを頼む!!

にほんブログ村

サラリーマン投資家ランキング

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ