スポンサーリンク

【楽天カード】クレジットカードを無くした時の対処法と冷静さを保つ重要性

クレジットカードを無くした時の対処法と冷静さを保つ重要性

楽天カードに代表されるクレジットカードは非常に便利な決済手段で、使用すると楽天スーパーポイントのようにポイントが付与されるケースも多く、最近ではクレジットカードを決済手段に選ぶ消費者が非常に増えている。

クレジットカードは現金のようにかさばらないため持ち運びも便利だし、スマホケースに入れておけば財布さえ持つ必要がないという特徴を持っている。

そのため、今後消費税は益々クレジットカードを決済手段に選ぶ人が増えてくる可能性が高いように思うし、実際にキャッシュレス手段としてクレジットカードが利用されることが多い。

一方で、クレジットカードの場合は盗難されたり紛失したりすると、かなり不安になってしまうケースが多い。

昔のイメージだと、クレジットカードを紛失してしまい、その後不正利用されてとんでもない額の負担が発生した、という悲惨なことになってしまうというイメージがあるからだ。

しかし、実はクレジットカードを紛失したとしても、適切に対処すれば大体のケースでは全く問題はないのだ。

ただ、物を無くしたりすると大体の人がパニックになってしまい、「どうしよう!?」となってしまうことが多い。

人がパニックになってしまう原因は、大体の場合は「その先がどうなるか」が分からないからだ。

そのため、事前に対処策を把握しておけば、クレジットカードを紛失したとしてもパニックになることはない。

楽天カードを紛失したら盗難紛失ダイヤルへまずは連絡しよう

自分が今メインで使っているクレジットカードは楽天カードなのだが、楽天カードの場合はカードの紛失・盗難に遭った場合は下記の流れですぐに使用をストップすることが可能だ。

■楽天カード会員専用HP→盗難・紛失ダイヤル→フリーダイヤルへ連絡を実施。

※詳細は、楽天カード会員HPで必ず確認するようにしよう。

他のクレジットカードでも大体は一緒なのだが、クレジットカードを無くしたときには、まずは盗難・紛失ダイヤルに連絡をするのが必須だ。

電話をした時点でクレジットカードの使用は止められるので、その際に不正使用が無かったかを確認すればいい。

大体のケースでは大丈夫なことがほとんどだと思うが、万が一不正使用された場合に、盗難・紛失ダイヤルへの連絡を長期間怠っていると盗難保険が効かなくなってしまうので、絶対にこの作業だけはすぐに完了させるようにしよう。

そして、盗難・紛失ダイヤルへの連絡が完了したら、次は必ず警察へ紛失届をするようにしよう。

万が一、クレジットカードが見つかる可能性もあるし(ただ、使用は先に止めた方がよいと思う)、盗難届の際に遺失物届の番号が必要になる場合もあるからね。

何事もパニックにならないことが必要

クレジットカードを紛失した時もそうだが、何かイレギュラーな事態に見舞われたときは、努めて冷静に状況を判断して対処することが重要だ。

前述したように、クレジットカードを無くした場合には無くした際の対処方法を理解していれば、パニックになることはない。

しかし、誰でもクレジットカードを紛失してしまったら慌ててパニックになってしまうだろう。

ただ、パニックになっても何もいいことはないので、イレギュラーな事態が発生したときこそ、「この事態への対処方法は?」と自分に冷静に問いかけてみることが必要だ。

これは、仕事でも一緒で、イレギュラーな事態などに見舞われたときにパニック状態となる人がいるが、それでは事態は悪化してしまうだけだ。

なので、不測の事態に見舞われた時こそ、ワンテンポおいて「この事態への対処方法は?」と自分に問いかけてみるようにしよう。

最近株価爆上げだったグーグルの検索エンジンで大体のことは調べることが出来るので、冷静に対処すれば解決出来ることが多い。

大人になってからパニックになるのはみっともないし、格好悪いので、出来る限りはそういった形で対処出来たらと、自分自身そう思っている。

株で夢をかなえよう

※クレジットカードが好きな方は、下記のボタンを猛プッシュして欲しい!!また、パニックになるのが嫌だという方も猛プッシュを頼む!!それ以外の方は、押さなくてもいい。

にほんブログ村

サラリーマン投資家ランキング

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ